未分類

ブログの文章をシンプルにする3つの方法

投稿日:

アフィリエイトブログなどを書く人が増えています。
最近はGoogleアドセンスを狙う形のブログを運営する人も多くブログ記事ならばスマホでも書けるのでハードルが下がりつつあります。
そんなブログ記事を書くとき、ブログ記事を読みやすくすることで多くの読者の関心を引きつけることができます。
ここでは、読者にとって読みやすくするための書き方をいくつか紹介します。

記事を書くときは「漢字3割、ひらがな7割」を意識しましょう。例えば、「誠にありがとうございました」ならば読みやすいですが、「誠に有難う御座いました」と書かれたら、妙に堅苦しい感じがします。それ以上に読みにくいと感じる人もいるかもしれません。
「無い」、「有る」など、確かに漢字も存在しますが、漢字を使えば良いというわけではありません。逆に漢字を使いすぎてしまうと読者に違和感を与えてしまいますし、敬遠させてしまう可能性も高まりますので、漢字を使いすぎないようにしましょう。

受け身表現を減らすことも大切です。受け身表現は学術論文でも控えるようにと言われますが、これは責任逃れの文章でもあります。例えば、「思われている」と書くことで「思っているのは誰か」ということを曖昧にし、無責任な文章にしてしまうのです。それよりも「こうである」などと言い切ったほうが説得力が増します。

「痩せるためには夜遅く食べないことが大切だと言われています」などと言われることもありますが、そうではなく「痩せるためには夜遅く食べないことが大切です」とした方が文章が短くまとまりますし、読み手にとってもわかりやすくなります。学術論文では、受け身表現は主語を曖昧にしたい時など、わざと使われることがある表現でもありますので、アフィリエイトブログ等では極力使わない方が安心です。

接続詞をあまり使わず、文章を短くすることも大切です。接続詞を使いすぎてしまうと、そこから文章が必要以上に長くなってしまい、テーマとは全く関係のないことまで書いてしまう可能性が高まります。テーマとは関係のない事は記事に含める必要はありませんので、これをしないためにも接続詞をあまり使わないようにしましょう。
特に、カジュアルな書き方をしているブログでは「あと…」「だけど…」などの書き方が多いですが、これらは使わない方が良いですよ。文章がすっきり見えないので、読み手を混乱させてしまいます。

このように、読者にとって読みやすい文章を書くためにはコツがあります。不必要な表現を省き、シンプルな表現を心がけましょう。

-未分類

Copyright© 投資ビジネス検証ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.